パネル・ポップ作成☆お役立ちガイド

home > パネルとポップについて > ポップ広告の主なメリットとパネル等の種類について

ポップ広告の主なメリットとパネル等の種類について

 ポップ広告については、店やウェブサイト上で品名及び販売価格さらにキャッチコピーや解説文を描きしたものを主として指します。
本屋やCDショップさらにスーパーマーケットやドラッグストア、レストラン等で有効に活用されています。
そして、購買増加に繋がるので、今になっても店で非常によく活用されているコマーシャルのひとつです。
手描きのポップのみならず、大型パネルそれから、タペストリーやのぼり等もポップ広告のカテゴリーに入ることになります。
印刷媒体とは違い、ポップ広告は実際の店舗のムードを演出する力があります。
ポップ広告を利用することによって商品や店の売上に対して影響を与えることから、手書き広告はセールスマンの代わりとなって、経営者がデザイン性に注力している分野とも言えます。

 ポップ広告の利点としまして 直接的な接客を嫌がるクライアントに対し、間接的にサービスのアピールポイントを案内できます。
また、従業員にかかる費用削減のメリットも見られる事から今なお非常に多くの店で活用されています。
それに加えて、来店のクライアントが探し求めていた、または以前より手に入れようと考えていた商品が見つかり易くなります。
ニーズのある販売品に手書きPOPをプラスすることで、クライアントが販売品と出会えなかったことに因る販売の機会損失を減少させることができます。
ポップ広告はデザイン事務所や制作会社にお願いすると、イラストレーターデータ、さらにワードデータ等数多くのフォーマットに対応してくれます。
それから、店がデザイナーに対して基本フォーマットをオーダーするケースがあります。

 ポップ広告にはいろいろな種類 があります。
まず、プライスカードや値札の主な特徴としまして 黒板やボール紙にダイレクトに記したり、アクリルステンレス等のホルダー並びに卓上スタンドに記したものを入れて店で装飾します。
商品価格だけでなく、キャッチコピーなどを記し、セールスマン代わりの店の運営にとって、大事な広告です。
また、パネルやバナースタンドの主な特徴として 目立つことがあげられます。
関心の無い顧客の足を止める効果があります。
町でときに見かける等身大パネルもよく活用されています。
スーパーマーケットや書店、映画館等、店の空間が大きい場所で利用されます。
さらに、のぼりや旗があります。
屋外で利用されるポップ広告でサイズが重視されるポイントです。
制作に関しては専門業者で印刷されます。

次の記事へ